28 abril 2008

『ファヴェーラの丘』




昨日、ブラジル映画『ファヴェーラの丘』を観てきた。ブラジル、しかも興味のあるファヴェーラ(スラム街)がテーマになっているので、以前からちょっと気になっていた。



内容説明(『ファヴェーラの丘』公式HP(http://www.favela-movie.com/)より引用):



“家族や多くの友人をギャングや警察に殺されたアンデルソンは、悲しみともに「なぜ憎しみ、殺し合うのか?どうすれば暴力を止められるか」を考え始めた。「音楽は誰の胸にも響く!」ひと筋の光を見いだした元麻薬売人の彼は、仲間とともに『アフロレゲエ』というグループを結成。自らの悲劇を繰り返さないため、ギャングを夢見る子供達を救うため、銃や暴力ではなく音楽やダンスを武器に、ファヴェーラの丘に希望のリズムを響かせていく。”



こんな感じ。。。ブラジルを知ってる人ならなんとなく想像がつくと思う。
そして、想像通りだった。特に気に入ったわけでも、気に入らなかったわけでもない。ただ、大学の授業とか、ブラジルで見たものとか、いろいろ思い出された。



そういえば、ブラジル留学時代に初めて買ったポル語の本の題名は“Favela Fala(ファヴェーラは語る)”だったっけ。。。実はいまだに読み終わってないけど、ブラジルについて初めて見たFavelaが私に与えた衝撃は小さいものではなかった確かだ。


最初の頃は、中産階級のホームステイファミリーや大学の友達に、「ねぇ、Favelaについてどう思う?」なんて聞きまわってた。私が受けた衝撃とは裏腹に、みんなの反応はとても薄かった。「うーん。。。僕らにとっては日常だよ。特に考えたことないな。」そんな反応が多かった。外国人の私がそんな答えになんとなく憤りを感じていたのが、時間の経過とともにいつの間にか私にとってもごく普通のことになってしまっていたことを思い出した。自分も何にもしなかった。傍観者だ。



ブラジルのファヴェーラを描いた映画では『シティ・オブ・ゴッド』が有名だけど、あれは一応フィクションで、ストリー性があった。今回の『ファヴェーラの丘』は、完全ドキュメンタリー。



あそこで生まれた音楽「アフロレゲエ」を楽しみに来た観客にはちょっと物足りなかった感があるかもしれない。でも、私はその方が良かったと思った。だって、大切なのはあの音楽じゃなくて、ファヴェーラの住民から生まれたものがあそこの環境改善のために力を発揮しったってことだと思うから。アンデルソンも映画の中で言ってたけど、別にそれは音楽じゃなくても良いのだ。ダンスかも知れないし、パソコンかもしれないし、写真かもしれない。



私の中に残ったキーワードは「自己表現」。とにかく、自己表現できる何かが必要なようだ。その欲求を満たしてくれるものがギャングの組織だけとなると悪循環に陥る。そこで気づいた。



人間は自己表現したいものなんだ・・・



きっと私はいつも教育の場でいろんな教科を通して自己表現方法を学んでいたんだ。国語では文章を使った自己表現、音楽や美術では創造力を鍛えられていた。いや、社会、理科や数学、全ての授業でも何らかの形で自己表現のヒントをもらっていたんだ、と思った。与えられたもののありがたさには気づかない事が多いんだなぁ。。。



コミュニティーの何かを変えようとする時、傍観者が外から持ち寄ったものは根付かない事が多い。というより、もとより本当に必要なものが入ってくることは少ないのだろう。だから、主人公アンデルソンの様な渦中の人間の必要性から持ち上がって来るものは死なない。それはすごいと思った。まさに理想だと思った。でも、アンデルソンがいなくなりそうになった時、アフロレゲエの活動も止まりそうになった。それはちょっと問題だ。まあそれは映画のせいじゃないけど。



もうひとつ気になったのが、彼らアフロレゲエの活動を支援したアメリカの財団。多くの人の気をひく派手な音楽を自分等の会社の宣伝にうまく利用しただけではないか?と思ってしまった。そんな風にして世界は回っているのか。。。?



何を書こうか決めないままだらだらと書いてしまったが、これが私の正直な感想。



他にもこの映画を観た人がいたら感想聞かせて下さい。



そうそう、ブラジルで成功したリオの警察特殊部隊の暗躍を描いた映画『トロッパ・デ・エリーチ』も早く観たい。こちらはまだ日本公開予定が未定とか!?



↓私のために1クリック☆↓


ブラジル系ネットショップDo Brazilはこちらから↓
http://www.dobrazil.jp/

2 comentários:

ひー disse...

ひかる店長さま、初めまして!
同じくミナスに3年滞在しておりました
ひーと申します。

↓下のチーズの記事にコメントさせていただいたのですが、こちらにも貼り付けさせていただきます^^;

この記事を読んで、今さらながらに思い出したのですが、
あの、シュハスコで焼かれる真ん丸のきゅっつきゅっとした食感のチーズ、
あれもミナスのチーズなのでしょうか?!
あれの正体がわからず悶々としておりました。

ひかる店長 disse...

>ひ―様

ごめんなさい!
コメントを頂いていたのに私ったらお返事をしていなかったんですね(>_<;)
本当にすみませんでした!!

チーズの話ですが、シュハスコで焼かれるのはまた別のチーズですね☆
まあ、もちろんミナスではたくさん作っているんでしょうけど、Queijo Minasではないと思います…。
ちょっと名前はわからないんですが、別のなんですよねぇ。何なんでしょうか?モッツァレラ?ごめんなさい、答えがわかりません。
でも、最近日本でその焼くチーズを輸入し始めた会社があるようです♪